日本語ラップの歴史と進化

日本語ラップの歴史や進化は一言で表せないほど多様化しているし、今現在(2017年)の状態になるまでには様々な伝説的イベントや出来事、紆余曲折を経て今のシーンが出来上がったと個人的には思ってます。

このブログのURLにはあえて”JRAP”と入れていますが、J-RAPと呼ばれた時代がなければここまでシーンに広がりがなかったのもまた事実だと思いますし、J-RAPという呼ばれ方がどういう意味を持っていたかを僕も一応は分かってるつもりです。

それでも【Respect to all Artist】に恥じないように自分なりにHEADS視点としての日本語ラップの歴史をいくつかに分けてまとめてみました。

”HIPHOPはルーツが大事”だと言う人は大勢いますが、それは僕達リスナー側としても大事なものだというのが主な考えというか、歴史をまとめてみた理由です。

今、一番勢いのあるラップシーンはどうしてもBATTLEだと思いますが、

そこに至るまでに今活躍しているラッパーや今は大御所として新しい形でラップ文化を広めている云十年選手も含めてどんな活動をしてどういった経緯があったのかなどを知ることによって

『HIPHOPってやっぱカッコええな』

と再認識してもらえればこれ幸いです。

註釈:Respectは当然ありますが、記事としてまとめた手前敬称は略させてもらってます

日本語ラップの歴史

vol.1 フリースタイルダンジョンにいとうせいこうが出演している理由

・vol.2 初代さんぴんCAMPと名曲 LAMP EYE【証言】の参加アーティスト

・vol.2.5 B-BOY PARKとKREVAが3連覇をしたMC BATTLE

・vol.3 ドラゴンアッシュの代表曲とZEEBRAとのビーフやそれぞれの活動

・vol.4 西暦2000年以降のHIPHOPブームと聴いておきたい名曲

・番外編 日本人ラッパー同士のビーフ・事件まとめ